接遇は美容看護師必須のスキル

美容外科、美容皮膚科クリニックと一般病院の看護師の考え方で一番違うのは、患者様と接するスタンスです。東京オリンピック招致決定後に話題になった、女性アナウンサーの言葉を借りれば「おもてなし」の心が大切だということです。

美容外科看護師の接遇

美容クリニックに来院する方は、病気や怪我から健康にというマイナスからゼロに状態を戻すのではなく、現状からより美しく若々しくを求めています。

つまり命に係わることなくそのまま健康的な生活を続けられるわけですから、選択肢と選択権が一般病院に来院する患者様とは違っているのです。

病気治療のために病院へ来る患者様は、ある意味助かりたいという意識でいますので、特別丁寧な接遇をしなかったとしても治療を拒むことはほとんどありません。

また看護師の方としても「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございます」と言ったことがある方はまずいないと言っていいでしょう。病院という環境や病気という事情から、それは当然のことです。

しかし美容クリニックに来院される方は、自分自身の希望を実現するため、向上心と不安の両方を抱えています。その向上心を満たすこと。そして不安を緩和してあげるためには、看護師の接遇スキルが大切なのです。

どの美容外科でも採用したい看護師の条件として真っ先に上がってくるのは「笑顔」です。なぜなら笑顔が接遇の基本になるからですね。

笑顔は居心地のいい雰囲気を作り、話しかけやすい雰囲気を作り、落ち着いて説明を聞くための心を整えます。そしてその雰囲気の中で発せられる看護師の「ご来院くださいましてありがとうございます。」という言葉が初めて来院された方に届くのです。

美容クリニックで患者様と一番長く接するのは看護師です。その看護師の言動が、そのクリニックの信用や評判に直接影響するわけです。

ですから、看護師採用にはどこのクリニックでも笑顔を重視しますし、接遇スキルを向上させるための研修を設けている美容外科もたくさんあります。

美容外科に採用される確率を高めるための1つの方法としておすすめなのが、応募する前に接遇を学べるセミナーやトレーニングに参加したり、本を数冊読んで自分で練習し、ある程度の言動や立ち振る舞いができるようにしておくことです。

そうすれば面接の時に、学んだ接遇スキルが採用担当者や院長に好印象を与えたり、やる気がある人間だということが伝わりやすくなります。

普段忙しく働いている中で接遇について学ぶことは大変かもしれません。しかしみんなが簡単にできないことをやるからこそ、そこで差が生まれるのも事実です。

美容外科、美容皮膚科へ転職を考えているなら、是非挑戦してみてください。

無料転職サポートはこちら

無料転職サポートはこちら

美容外科・美容皮膚科における看護師の接遇とは関連ページ

美容外科勤務のメリット
美容外科や美容皮膚科で看護師さんが働くメリットはたくさんあるのです。
美容外科勤務のデメリット
美容外科や美容皮膚科で看護師さんが働くデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。
OPE室の仕事
美容外科・美容皮膚科クリニックでのオペ室看護師の仕事について簡単に説明しています。
清潔操作とは
美容外科でとても大切な看護師の仕事の1つである清潔操作(無菌操作)についてまとめています。
勧誘はしなきゃならないのか?
お客様(患者)に対して施術やコスメをおすすめする勧誘(セールス)を看護師はしなくちゃいけないんでしょうか?