美容外科のオペ室での仕事

オペ室看護師の仕事は、病棟勤務とはまた違う能力が求められます。手術中の医師を的確にサポートすることで、手術に問題が起こらないように円滑に進めるための重要な役割です。そのためオペ室看護師の仕事は、患者と接する機会は少なく、一日の殆どの時間をオペ介助に費やします。

オペ室看護師の仕事として良く知られているのが、映画やドラマの手術シーンで登場する執刀医にメスを手渡す「器械出し」と呼ばれるシーンです。

ドラマでは看護師がメスをサッと手渡していますが、実際の現場ではそう簡単ではありません。

オペ室看護師は、あらゆる診療科目の手術を担当するので、それぞれに違う何十という種類の器具を使い分けなければなりません。

そのうえ、ドラマのように手際よくメスを手渡すためには、手術の進行を見ながら、執刀医の次の行動を予測して対応していかなければならないのです。

「ハサミ」ひとつの要求に対しても、メッツェンなのかクーパーなのか、直剪なのか、執刀医が何を必要としているのかオペ室看護師が判断して手渡していかなければなりません。

オペ室看護師には、もう1つ「外回り」という仕事もあります。これは営業で顧客企業を訪問する意味の外回りではなく、手術中に麻酔科医の補助をしながら看護記録をつけていく仕事のことをいいます。

手術中に必要になった器具の用意から、局所麻酔の患者に代わって状態を執刀医に伝える仕事など、手術を周辺からサポートしていく仕事です。

また手術後にガーゼや器具の確認をすることで万が一の医療事故を防ぐなどの重要な役割を担っています。

美容外科・美容皮膚科で働く場合、こういった知識やスキルを身に付けていく必要があります。

そしてこの部分で不安を感じ、美容クリニックへの転職を躊躇する方がいらっしゃいます。

しかし、どの美容外科でも一から確実にスキルアップしていけるような教育システムやサポートがあり、それをこなしていく意欲さえあれば、自然と身に付いていくものです。

実際にどの美容外科でどのような教育システムがあるのかということは、看護師求人サイトのキャリアコンサルタントに質問してみるのがいいでしょう。

たくさんのクリニックを知っているため、各クリニックの教育システムの特徴や違いを把握しています。コンサルタントと一緒に自分に合っているクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

無料転職サポートはこちら

無料転職サポートはこちら

オペ室看護師の仕事関連ページ

美容外科勤務のメリット
美容外科や美容皮膚科で看護師さんが働くメリットはたくさんあるのです。
美容外科勤務のデメリット
美容外科や美容皮膚科で看護師さんが働くデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。
清潔操作とは
美容外科でとても大切な看護師の仕事の1つである清潔操作(無菌操作)についてまとめています。
美容外科看護師の接遇について
美容外科・美容皮膚科の看護師として求められる接遇について紹介しています。
勧誘はしなきゃならないのか?
お客様(患者)に対して施術やコスメをおすすめする勧誘(セールス)を看護師はしなくちゃいけないんでしょうか?