美容外科クリニックと一般のクリニックの違い

仕事内容や勤務時間

美容クリニックと一般クリニックについて

美容クリニックと一般クリニックについて

美容クリニックではオペ介助やレーザー系の施術があったりするので、知識はもちろんですが臨床経験が重要です。スキルアップしていくためにプリセプター制度などの教育制度を設けているクリニックがほとんどですが、新しいことを意欲的に覚えようとする積極性が必要です。

夜勤はなく、残業もほとんど無いのが美容クリニックです。不規則な勤務時間で体調を崩すようなこともありませんし、プライベートの予定も立てやすいので、ワークライフバランスを重視したい看護師さんに人気があります。

待遇面での違い

収入

美容外科クリニックの収入は一般のクリニックより比較的高めだと言えます。基本給が両方のクリニックで同等だったとしても、美容外科クリニックの多くはインセンティブ制度が設けられています。

インセンティブとは、毎月の売り上げ目標を達成した時に支給されるミニボーナスのようなもので、トータルすると結局美容外科クリニックの収入が多くなることが多くなる傾向と言えます。

休日・休暇

美容外科クリニックのほとんどは、平均で週に2日程度の休日があり、有給休暇も長めにとりやすい制度になっているところが多いです。年間で105日程度。中には130日程度の休日が取れる美容外科クリニックもあるので、プライベートを充実させやすいと言えるでしょう。

女性の多い職場なので、産休や育休制度がしっかりしているところが多く、子育て中には保育園のお迎えのために早く退社できる制度を設けているところもあり、長く安心して働ける点も美容クリニックの特長です。

その他のメリット

ドクターズコスメなどが社員割引価格で購入できたり、繁忙期以外に割引価格で施術を受けたりできるところが多いです。

看護師さん自身が自分の美を磨くことにより、美に関心の高いお客様への信頼を得やすくなったり、親身になってアドバイスができるようになるため、仕事のやり甲斐にもつながるようです。

美容外科クリニックで看護師のワークライフバランスを充実させましょう

無料転職サポートはこちら

無料転職サポートはこちら

美容外科クリニックで看護師が働くメリット関連ページ

美容外科勤務のデメリット
美容外科や美容皮膚科で看護師さんが働くデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。
OPE室の仕事
美容外科・美容皮膚科クリニックでのオペ室看護師の仕事について簡単に説明しています。
清潔操作とは
美容外科でとても大切な看護師の仕事の1つである清潔操作(無菌操作)についてまとめています。
美容外科看護師の接遇について
美容外科・美容皮膚科の看護師として求められる接遇について紹介しています。
勧誘はしなきゃならないのか?
お客様(患者)に対して施術やコスメをおすすめする勧誘(セールス)を看護師はしなくちゃいけないんでしょうか?