美容クリニックでの仕事について

当カテゴリでは美容外科・美容皮膚科での看護師が携わる仕事について紹介しています。

一般病院との違いや、美容系クリニックで働く上でのメリット・デメリット、そして看護師の在り方や立ち位置について、転職前に知っておきたいことをまとめてあります。 是非ご一読ください。

美容外科・美容皮膚科での看護師の仕事記事一覧

仕事内容や勤務時間美容クリニックではオペ介助やレーザー系の施術があったりするので、知識はもちろんですが臨床経験が重要です。スキルアップしていくためにプリセプター制度などの教育制度を設けているクリニックがほとんどですが、新しいことを意欲的に覚えようとする積極性が必要です。夜勤はなく、残業もほとんど無いのが美容クリニックです。不規則な勤務時間で体調を崩すようなこともありませんし、プライベートの予定も立...

看護師が美容外科や美容皮膚科で働くことは、看護師としてのキャリアを積めなくなるのでマイナスだというイメージがあります。実際に美容クリニックのお仕事は、一般病棟で行っているのとは同じではありませんし、夜勤もない。一般病院で使用するような最新の医療機器も、美容外科では必要ない場合が多く、触れる機会は少なくなるでしょう。ただ、美容外科や美容皮膚科で働くことが、看護師キャリア形成にマイナスになるというのは...

オペ室看護師の仕事は、病棟勤務とはまた違う能力が求められます。手術中の医師を的確にサポートすることで、手術に問題が起こらないように円滑に進めるための重要な役割です。そのためオペ室看護師の仕事は、患者と接する機会は少なく、一日の殆どの時間をオペ介助に費やします。オペ室看護師の仕事として良く知られているのが、映画やドラマの手術シーンで登場する執刀医にメスを手渡す「器械出し」と呼ばれるシーンです。ドラマ...

看護師の新人オリエンテーションなどで必ず教えられるのが清潔操作の意義についてです。たとえば「無菌操作」といった場合、鉗子立てにある鉗子を使うのは清潔なものと考えられるので問題なさそうに思えますが、長時間保管している間に清潔度が下がってきます。こうなるとこの鉗子も清潔なものとは言えなくなります。そのため、通常は鉗子立ての鉗子は一日で交換することになっています。もちろん、手術中に器械台の上などに置かれ...

美容外科、美容皮膚科クリニックと一般病院の看護師の考え方で一番違うのは、患者様と接するスタンスです。東京オリンピック招致決定後に話題になった、女性アナウンサーの言葉を借りれば「おもてなし」の心が大切だということです。美容クリニックに来院する方は、病気や怪我から健康にというマイナスからゼロに状態を戻すのではなく、現状からより美しく若々しくを求めています。つまり命に係わることなくそのまま健康的な生活を...

美容に興味があり、休日や夜勤、残業も少なく人気の勤務先が美容外科や美容皮膚科です。華やかなイメージがあり、特に20代から30代前半の看護師さんは興味があるようですね。しかし転職することに不安を感じている方も多いようです。そのひとつの理由が「勧誘(セールス)」をしなくてはならないのかということです。美容クリニックやエステの広告を見ると、お客さまへのメッセージのひとつに「強引な勧誘は一切いたしません」...