美容外科クリニックで求められる看護師になろう

求められる人柄

美容外科・クリニックと一般のクリニックとの違いは、まず何と言っても来院する方々との接し方です。

笑顔で対応する看護師

笑顔で対応する看護師

来院する方は、どこかを患っている患者ではなく、身体的には健康で、「今より美しくなりたい」、「若々しく変わりたい」などといった向上心と希望を持って行動を起こした方です。

ですから一般の病院やクリニックとは違い、患者ではなく、お客様に近い接遇をすることになります。

そのため、どの美容外科や美容クリニックでも、まず第一に看護師に求めているのは「笑顔」です。

美しくなることへの希望と、少なからずの不安を抱えながら来院した「お客様」に接遇するわけですから、社交性や表情、明るさ、声のトーン、話し方など、安心感を持たれるような人柄の看護師を求めているということです。

また、美容に興味を持っていることは大前提です。

来院される方は美容に大変関心が強く、ご自身でも情報収集をしたり知識が豊富な方が多いからです。

接遇する看護師が美容医療についての知識が不足しているとなると、クリニック全体の信用にも関わってきます。

仕事上覚えることもたくさんあるので、上達していくためには「美容が好きで興味があり、新しいことにチャレンジしたい」という気持ちを持っていることが大切です。

求められる経験やスキル

美容外科や美容皮膚科で看護師として働くなら、オペ室勤務の経験があったり、病棟勤務の経験があると有利です。

看護師のオペ介助の様子

看護師のオペ介助の様子

大手の美容外科や美容皮膚科クリニックなら、新人研修制度が充実していて、入職後に必要なスキルを身に付けていくことができるようになってはいますが、現実的に採用される確率が高いのはやはり実務経験者のようです。

やはり競争率が高いからですね。

オペ室や病棟勤務(夜勤含む)や産科で少なくとも2〜3年程度の臨床経験を積み、清潔空間に慣れていたり、全身状態を見られるスキルがあったほうがいいということです。

大学病院勤務の看護師さんで美容クリニックへ転職を考えるなら、回り道に感じるかもしれまぜんが、一旦、注射・点滴・採血のスキルを身に付けるために、一般の病院やクリニックで働いて経験を積むことも役立つでしょう。

ただ美容外科の求人には、看護師資格を持っていない美容部員やエステシャンの経験者も対象になる、美容クラークや受付カウンセラーの募集もあります。そういった職種なら特に臨床経験は問われないでしょう。

無料転職サポートはこちら

無料転職サポートはこちら